スポンサードリンク

2009年06月29日

ダイエットの天敵「お菓子」は大人が食べるもの!?

矢野経済研究所『2005年版菓子産業白書』によると、菓子市場における大人の消費割合は79.8%。約3兆2千億円にのぼる巨大な菓子市場において、約8割もの菓子を大人が食べつくしている! “お菓子は子どものおやつ”というイメージは、もはや、ない。

以上のデータからわかること。
 
 それは、日本人にとって「間食」がとても身近な存在であり、多くの人にとって習慣化されているものであるということ。食べることが好きであろうダイエッターたちに「間食厳禁!」と言い放つのは、少々酷な気がする。

 そこで、ダイエット中でもOKの間食の摂り方について提案しよう。

・昼食の3時間後以降、午後3〜4時頃に食べる
食後の3時間、体は糖をエネルギーに換える働きをしているため、その間に何かを食べると、さらに栄養をためこんで太りやすくなる。また午後3時頃は、1日のうちでもっとも体が活動している時間帯。夕飯の食べ過ぎを防ぐ効果も。

・なるべくGI値の低いものを食べる
ショートケーキよりチョコレートケーキ、ドーナツよりスイートポテトを。柑橘系のフルーツやプレーンヨーグルトはGI値もカロリーも低く、ダイエット向き。最近では「soyjoy」(大塚製薬)など、パッケージに「低GI食品」と記載しているものもあるのでチェックしてみてはいかがだろうか。

・食べる量を決めて「ながら食い」をしない
個別包装されているもの、小分けされているものは食べ過ぎ防止にもオススメ。袋に入ったスナック菓子などは、あらかじめ食べる分を別の器に移しておこう。テレビを見ながら、本を読みながらの「ながら食い」はつい食べ過ぎてしまう恐れが。


お菓子はダイエットの天敵
posted by daietto at 12:53| Comment(13) | TrackBack(0) | ダイエット関連記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。